ショルダーバッグ(SB1801-C)の作成(その6)

かぶせと後ろポケットを仮止めしておき、補強部を縫製します。
 主室とファスナーポケットの間に仕切りを挟み仮止めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください