メガネケース(キャメル)-05

乾燥が終わりましたので本体後面を仕上げていきます。
切出します。

同時に成形した内張を剥がします。

本体前面と合わせて、乾燥による歪みと縮み
を補正しておきます。

縫製ずみのかぶせに型紙を当て本体後面の取付け位置をマークします。 

もう一度本体前面と合わせてマーク位置を補正します。

縫製します。

縫製完了。

内張を貼り乾燥を待ちます。

次は本体前面に取り掛かります。
続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください