リュックサック-02

 パーツ図を描きます。フロントポケットとサイドポケットの詳細な寸法を決め、展開図をフリーハンドで描きます。製図(原図)はこれをもとに作図し、それが型紙を起こす元になります。この時点で組立て、縫上げの手順も決めておきます。順序を間違えると縫えなくなります。
 今回のリュックのポケットは前も横もそれだけでバッグになるような作りにします。それぞれを独立して作りリュック本体に縫い付けると、同時にスリットポケットも出来てしまう・・という段取りです。
「フロントポケット詳細」
「サイドポケット詳細」
・・・続く・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください