四国歩き遍路 34日目

104  歩数 45,950距離 33.08km 宿泊

明石寺手前 道の駅 どんぶり館にテント泊

6時出発時に雨が降り出した。雨雲レーダで確認する通り雨っぽかったので待機した。念の為ポンチョを用意し、スパッツを履いた。暫くすると止んだようだったので出発すると又降り出したので近くのベンチで、雨雲が切れるのを待つ事にした。結局出発は7時過ぎになったが以後降られなかった。青空が広がってきたのでコンビニでお茶を買い、入口横でスパッツを脱いでいるとコンビニのスタッフがやって来て「お遍路さんですよね、これお接待です、どうぞ」 と言って飴玉を3つくれた。感謝!

龍光寺へは光満川沿に県道57号をダラダラと6km登り続ける。途中歩き遍路2人に抜かれた。1人はこれで3度目ですねと言いながら抜いていった。もう1人は無言だった。この人は龍光寺に自分が着いた時納経所から出て来てすれ違ったが、やはり無言だった。龍光寺を打ち終え通りを左へ行こうとしたその時、クラクションを鳴らされた。振り向くと熟年のご夫婦が右側を指差してこっちだ言っている。助手席の窓が開いて奥さんが「右へ行くのよ、150m位行くと看板が出てる又右へ行く、兎に角右へ右へ行けばお寺に着くから」と教えてくれた。危なかった。念の為自分が勘違いした標識を見直すと「仏木寺 自然遊歩道 4.4km」となっていた。助かった。感謝!

仏木寺への道で遍路シールを見失った。やっちまったかなと地図を見ていると、背中の方でお遍路さん!と呼ぶ声がした。振り返ると農作業姿の女性がみかんを2つ持って小走りに近づいて来て、「ハイお接待」 と渡してくれた。仏木寺の道を聞くと、もう見えているという。だから案内がないのか。感謝!みかんは甘くてジューシーでとても美味しかった。

明石寺への遍路道はこの間の台風で更に崩壊し、トンネルを抜けた後の遍路道も通れない県道を行って下さいと納経所で指示があった。歯長峠は結構な高度(480m)がありこたえたが、県道なので意外に早く予定していた「道の駅どんぶり館」に着いてしまった。明石寺を打つ時間はないので閉店まで待ってテントを張った。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください