四国歩き遍路 47日目

1017 歩數 44,040距離 32.71km 宿泊太興寺近くにテント泊
参拝寺 66番 雲辺寺  67番 大興寺

今日の移動距離は約20km、雨の中での雲辺寺への登りと長い下りを考えると頑張り過ぎかも知れない。雲辺寺へは遍路地図上3ルート紹介されている。その中で最も距短い佐野ルートを選んだ。短い距離で一気に高度を上げるので厳しいと覚悟はしていたが辛かった。ポンチョを着ている為、休憩時にリュックをおろせなかった。屋根のある休息所 はおろか、椅子すら無かった。段差のある地面に斜めに座り、リュックの重さを和らげることしか出来なかった。結局、朝6時に遍路小屋を出てから11時に雲辺寺に着くまでリュックを下ろしたのは登り口に入る前の1度切りだった。水とのど飴しか口にする事が出来なかったのも痛かった。やっとの思いで山道から車道に出たが、濃いガスがかかっていて視界は50mも無い。 1,000mあまり登って景色が見えない。展望台、天空のブランコなんて考えられ無い。納経を終えておにぎりを一つ食べたら寒気が襲ってきた。ポンチョを脱いだので濡れた服の汗が蒸発し体温を奪っていた。着替えることも出来ないので直ぐに下山を開始した。走るように下山するうちに寒気は徐々に治まった。太興寺を打つ時間は十分にあったが、手前の遍路小屋にテントを張り早めに宿をとろうと探したが、ため池に阻まれ見つけられなかった。仕方ないので、太興寺を打ち、納経所で相談してみる事にした。しかし太興寺は遠かった。道路が新しくなっているせいか遍路地図は役に立たなかった のでグーグルマップでナビしてもらいたどり着いた。時間は16時半になっていた。一時止んでいた雨も降り出した。納経所の方はとても優しく親切で、テントを張れる屋根付きの場所を教えてくれた。散々な1日だったが最後に救われた。太興寺さんからバナナやお菓子、沢山お接待を頂いた。感謝!

ここから山道はほぼ無いので、明日の朝は非常食のアルファ米の五目ご飯を食べる。


四国歩き遍路 47日目” に対して1件のコメントがあります。

  1. サクラのイトウ より:

    長島仙人お疲れ様です。
    香川県に入りましたね、後少しです
    今月末には無事帰宅できるかな?

    1. 万吉 より:

      ・・のつもりです。天気も良さそうなのでなんとかなるかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください