眼鏡ケースの作成 その1

S-00 手縫い糸染織
今回ご依頼頂いたメガネケースの色はグリーンです。革は受注生産となりました。渋い色あいのグリーンでキズも少なく良い物が入りました。しかし、グリーンの手縫い糸が無く、特注になるとのことでした。それならば生地糸を自分で染めてみようかと染色工房の「藍工房」さんに相談したところ、なんと染めて頂ける事となり、お願いしてしまいました。サンプル革の色に合わせて、融けこむような色合いに仕上がりました。素晴らしい! 「藍工房」さん、ありがとうございました。

S-01 パーツ切り出し
パーツを切り出します。

S-02 型成型
革を湿らせ、床革と重ねて木型で成型します。一昼夜固定した後木型から外し、しっかり乾燥させます。これを二つ作ります。

S-03 かぶせ1,2,3
本体の型成型と乾燥を待つ間、かぶせ を仕上げてしまいます。



かぶせが仕上がりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください