眼鏡ケースの作成 その3

※ケース切り出し
ケース本体が前・後ともしっかり乾燥できたので、型に合わせケースを切り出します。


眼鏡の挿入口と外周の縫い代を残して切出しました。
※ケースこば縁補強
前ケースのこば縁補強革を湿らせ曲面に添わせて成型します。

※かぶせ縫い付け
縁補強革の乾燥を待つ間に、仕上げてあったかぶせを後ケースに縫い付けます。縫い付け後、ケース内張りとして成型済みの床革を接着します。

※マグネットメス取付け
前ケースにマグネットを取りつけます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください